福岡での起業は福岡起業サポートセンターにお任せください!

092-725-3126 メールはこちら

金融機関との面談対策 

カテゴリー:未分類

 面談の概要

事業体の代表者が重視される

面談の概要について、日本政策金融公庫との面談を前提にして簡単に説明します。面談は、申込からだいたい1週間~2週間以内に公庫の管轄支店で行われるのが、通常です。面談には代表者の方が行きます。この際に、自分はあまりうまく話せないからという理由で代理人を立てようという方もいますが、基本的には代理人などは認められません。金融機関としても、創業する代表の方が知りたいのです。時間は、だいたい1時間~2時間くらいになります。基本的には、事前に提出してある事業計画書にもとづいて、面談は進んでいきます。そして、面談が終わると、1週間程度で融資の可否が来ます。

面談の際の一般的な注意点

マイナスなことを自分から言わない

担当者からの質問に対しては、基本的には前向きにすべて答えましょう。もちろん、その時点ではマイナスの結果しか答えようのないことであっても、現状はこうだけど、この後、ここが問題でそれを解決することで問題は改善、解決できるという前向きで建設的な話をしましょう。

聞かれていないことは言わない

聞かれていないことを話してしまって矛盾が生じて不信感を持たれてしまうというケースが時々あります。担当者から聞かれていること以上のことを答える必要はありません。もちろん嘘をつくこととは違います。聞かれたことのみしっかり答えることを心がけてください。

話が長くなりすぎないように結論から伝えましょう

金融機関との面談などに限らず、話が長くなってしまい結論がよくわからないという受け答えはよくあります。そのため、まずは結論から述べてください。その後に理由を説明するという方法をおすすめします。また、基本的には、公庫の担当者にあなたのことを知ってもらうための場ですので、あなたが話をするのではなく、公庫の担当者が話をするようにし、あなたは、必要のないことは話さないようにしましょう。

 事業計画書との整合性を意識しましょう

事業計画書は面談の前に提出しています。そのため、金融機関の担当者も事業計画書には目を通して面談に臨みます。そのため、あなたは事業計画書の内容をしっかりと理解しておく必要があります。また、ただ単に事業計画書の中身を覚えていても仕方ありません。本当によくできている事業計画書というものは、すべての項目が有機的に連動しています。つまり、一貫しており、節々に創業者の熱い想いや、計算のようなものを窺い知ることができるのです。そのため、あなたは事業計画書をすでに見ている担当者がしてくる質問に基本的には事業計画書と整合性のある回答をしてください。

担当者に厳しい指摘を受けてもケンカしないようにしましょう

最初に申しますと、担当者も仕事でやっています。仕事とその人個人の感情は相反することもあります。事業計画書を見て、厳しい指摘、質問をしてくる担当者もいます。そのような時間が続くと、ついつい熱くなってしまいケンカのような形になってしまうこともあります。しかし、おわかりだと思いますが、目的は融資をしてもらうことにあります。そのため、担当者とケンカをしてもあなたにとってメリットはまったくありません。仮に横柄な担当者がいたり、見当はずれな質問をしてくる担当者がいたとしても、まずケンカはしないことです。我慢強く質問にはしっかり答える必要があります。公庫に関しては、他の金融機関と異なり、代替の金融機関がありませんので、特に関係には気を付けなければなりません。

わからないことは素直に答えましょう(調べてから回答します、など)

担当者からの質問の中で、あなたの知らないこともあると思います。そのような場合には、基本的には素直に答えることがいいと思います。答えられるのならともかく、知ったかぶりや的外れな事をいうことほどよくないことはありません。しかし、経営者として最低限知っておかないといけない知識などに関して、知りませんというのは担当者のイメージを悪くする可能性もあります。そのような事態があるとすれば、数字部分の話かと思います。そのため、最低限の数字(損益計算書や貸借対照表)の知識を身に着けておくことは必須かと思います。

人は見た目が9割

人の印象などは、見た目でほとんど決まります。この見た目とは、外見はもちろんですが、五感で感じることができることです。声の大きさや姿勢などあらゆることです。そのため、基本的には丁寧な姿勢を心がけてください。相手のことを考えた対応を、最低限、とっていれば失敗などあまりないと思います。

外見に関しては、無難にスーツなどの正装で行きます。

経営者としての自覚を見せること

これは大切な要素になります。あなたは創業者として、いばらの道を進んでいくことを決めました。生半可な気持ちでうまくいくわけはありません。事業が厳しいときは必ずあります。そのような時でも、この人ならきっと諦めない、前に進み続けることができるなどと思ってもらう必要があります。そのためには、経営者としての自覚をしっかりと面談で見せることが必要になります。自覚をどのように見せるかですが、これには創業への熱い想い(情熱)と、しっかりした事業計画を話す(論理)という2つの要素を示せるかが大切になります。創業動機や将来どうなっていたいのかという夢を話す際には、恥ずかしがらず、情熱を持ってお話してください。熱い想いというのは、人を熱くし周りを巻き込みます。また、担当者から事業についていろいろな質問を受けます。その際には、しっかりとした考えを理路整然と話せると一番よいです。担当者からすれば、情熱的でもあるが、しっかりと事業のことも考えている創業者として認識されるはずです。

 

  • お問い合わせはこちら
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ