福岡での起業は福岡起業サポートセンターにお任せください!

092-725-3126 メールはこちら

信用保証協会とは

カテゴリー:未分類

 信用保証協会

信用保証協会は国の機関です。

信用保証協会の役割は創業・中小企業と金融機関の架け橋になってくれます。通常、創業・中小企業は実績(信用力)の点から、銀行等からの融資が受けにくいとされています。逆に言えば、信用力があれば融資される可能性があるわけです。信用保証協会は、信用力があまりない創業して間もない事業者に、信用を与えてくれる機関です。

具体的には、融資された事業者が、借りたお金を金融機関に返済できなくなった場合に、保証協会が代わりに金融機関に返済してくれるのです。借り手の事業者が金融機関に返済できなくなっても、保証協会が代わりに返済してくれるのであれば、金融機関としては融資しやすくなるというわけです。

ここでぜひ、信用保証協会について覚えておいていただきたい事があります。

①保証協会はどうやったら信用をあたえてくれるのか?保証協会の信用を得るためには、事業内容などについて事業計画書を作成し、それにもとづいて信用に値する事業かどうかを判断されます。もちろん代表者の人格なども審査の対象になります。

②保証協会が直接にお金を貸すわけではありません。お金を貸すのはあくまで民間の金融機関です。保証協会は、融資の返済ができなくなった場合に返済を代わりにしてくれるだけです。そのため冒頭で「架け橋」といいました。

③保証協会が代わりに返済した場合、借りていた事業者は、お金を返す必要がなくなるわけではありません。金融機関ではなく、保証協会に対して借りているお金を返済しなくてはなりません。

④保証協会が保証してくれる場合には、借り手の事業者は、保証協会に対して信用保証料という、金融機関の金利とは別のものを支払う義務があります。

⑤保証協会・自治体・金融機関それぞれの役割自治体は創業者を応援する立場にあります。そのため、自治体は各自治体ごとに金利や信用保証料を補助してくれたりします。保証協会が融資をしやすくするために金融機関に保証をし、金融機関が直接に融資をします。そして、借り手のために、自治体が金利などを補助するというのがそれぞれの役割になります。

 
 
簡単スマート!事業計画書作成に続きます。

 

  • お問い合わせはこちら
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ